歯を1本失った症例で義歯別に比較

口腔内歯を1本失った症例で義歯別に比較してみました。
同じ口腔内に入れ歯の種類別(異なったタイプの義歯)に各タイプの義歯を入れてみた時の記録写真です。

症例・症状としては、歯冠(歯の部分)が崩壊し、残根(歯根部分だけが残っている)状態です。

まずは根の治療からとなりますが、根が使えるのならば、柱(ポスト・コア―とも言います。)を立ててその上に被せ物となります。しかし、根が使えない場合は根を抜いて、人工の歯を入れなければなりません。

その場合の治療方法としては
(1)インプラントを植立する。
(2)両側の歯を削ってブリッジの被せ物をいれる。
(3)入れ歯を入れる。
等が考えられます。

現状、治療途中でもあり、どうするかはまだ経過観察・思案中との事なので、まずは仮歯を入れる事になりました。以下は、同じ口腔内に違ったタイプの義歯を入れてみた時の記録写真です。

ワイヤークラスプ1本義歯

ワイヤークラスプ 口腔内ワイヤークラスプ

キャストクラスプ1本義歯

キャストクラスプ 口腔内キャストクラスプ

ホワイトクラスプ1本義歯

ホワイトクラスプ 口腔内ホワイトクラスプ

ホワイトクラスプブリッジ(クラスプと欠損歯一体型)

ホワイトクラスプブリッジ 口腔内ホワイトクラスプブリッジ

ノンクラスプ1本義歯

ノンクラスプ 口腔内ノンクラスプ

患者様の声

実は、患者様は歯科技工士の K さんです。

K さんの声
「装着感はノンクラスプデンチャーが一番。 安定感はキャストクラスプデンチャーかな。 審美と機能を考えたらホワイトクラスプデンチャーだね。」

と言う感想でした。